2011年07月08日

雨漏りが起きてしまった場合

雨漏りが起きてしまった場合にはまず何処から雨が入っているかを確認する事が最優先になります。

雨の浸入している場所を特定せずに目に見える場所だけを直していっても、雨が続くとまた同じ場所に

雨漏りが出来てしまうことがよくあります。


雨漏りしている時に自宅での確認で、

雨の降り方、風の方向、漏水地点及び拡大方向、雨漏りの発生状況をメモをとっておくと良いと思います。

的確に漏水状況を伝える事ができると原因特定しやすいです。

また、漏水後からの日にちが経ってしまうと漏水跡が確認できなかったり、建築当時のモルタルや雨や無色の塗布材の跡か判断が困難になります。

漏水が少なくても天井裏の梁や断熱材に水が溜まっていたりしますので「連絡が早いほど原因究明が早くなります」。



屋根塗装 外壁塗装では!


『家の外部掃除や屋根塗装 外壁塗装などは暑いうちに行なうと冬の寒さでの痛みが減ります。』

これは正解です!

春や秋などの天候の落ち着いた時期に屋根塗装や外壁塗装を行なうというお話は聞くのですが、

実際は今のような時期でも特に問題は有りませんので、屋根塗装や外壁塗装以外の家の外回り

のメンテナンスも含めてお考えになってみませんか。





千葉 屋根リフォーム     
横浜 屋根リフォーム    
太陽光発電 千葉          
外壁塗装 千葉     
外壁塗装 見積り
外壁塗装 千葉     
リフォーム 千葉      
横浜 葬式



posted by 楽園 at 12:50| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。